ブログページ トップ 画像 ブログページ トップ 画像
留学準備

マルタ留学に必要な費用とは?語学学校、航空券、保険について

マルタ留学費用について

格安でヨーロッパ留学へ行けるマルタ共和国。

英語圏への留学は費用が高い場合が多く、なかなか留学に行けないと考える人も多いはず。

でもマルタは英語圏にも関わらず、比較的安い費用で留学に行くことができる国。

ただ留学手続きには学費や滞在費などの語学学校へ支払う費用の他に航空券や海外留学保険、現地での生活費など色々な費用や手続きも必要になってきます。

期間や語学学校の選び方によって、通常より安くなったり高くなることも。

また航空券の購入や海外留学保険に関しても知っておきたい知識があります。

自分が希望する留学期間ではどのくらい費用がかかるのかしっかり確認して、マルタ留学を実現させましょう。

語学学校の違いによる費用の違いも学んで、留学相談の際、参考にしてみてくださいね。

このページではマルタ留学の期間別や語学学校別にかかる費用について、そして航空券や海外留学保険について詳しく紹介していきます。

マルタ留学に必要な費用を分野別にそれぞれ紹介していきます

留学費用にはどんな費用が含まれるでしょうか。

語学学校や滞在先の費用はもちろんですが、マルタまでの航空券、マルタでの留学生活に必要な食費等の生活費も必要になってきますよね。

ここではマルタ留学に必要な費用はどんなものがあるのか、分野別に紹介していきます。どんな費用が必要なのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

語学学校に支払う英語レッスンの費用

語学学校で勉強するための学費。

マルタ留学に限らず、どの国への留学でも必須の必要です。

語学学校やコース、週数、レッスン数の増減によって、費用が異なってきます。

またキャンペーンや長期割引もあるので、通常より費用を抑えることも可能です。

マルタ留学中の滞在、ホームステイや学生寮・レジデンスに必要な費用

滞在費用について

基本的には語学学校経由で手配をします。学生寮やホームステイ、レジデンス、ホテルなど、滞在先の種類も豊富。

自分で滞在先を手配することもできますが、慣れない人が自己手配すると必要以上に費用がかかってしまう場合もあります。

滞在費を抑えたいと考えている方は語学学校経由でシェアルームを手配してもらう方がいいかもしれませんよ。

自分の希望を留学エージェントに伝え、費用を抑えられる方法を相談してみてくださいね。

マルタまでの国際航空券費用について

マルタまでの航空券

日本とマルタの往復航空券を購入しましょう。

購入時期や留学時期によりますが、約8万円から約15万円で航空券が購入できることがほとんど。

高い時期だと、約20万円になることもあるのでマルタ留学を決めたら値段を確認しておきましょう。

航空券に関しての注意点ですが、日本とマルタの間は直行便がなく、1ヵ国以上の経由便が基本です。

乗り換えが多いとトラブルに見舞われる可能性が上がりますので、乗り換え1回の航空券を購入することをおすすめします。

早めに予約すれば、安めの費用で購入することができますが、急遽日にちの変更がある可能性も考えられます。

航空券の購入の際は様々なトラブルや可能性に注意してくださいね。変更手数料がかからない航空会社にしたり、規約をしっかり確認しましょう。

入っておくべき海外留学(旅行)保険はいくらくらい?

保険は加入しておこう

クレジットカードや語学学校の保険に加入することもできます。

でも学校内だけだったり、マルタ到着してから保険の対象になることがあり、保険の補償がどこからどこまでなのかは内容によって様々です。

そのため、日本の保険会社が提供している海外留学保険または海外旅行保険に加入することをおすすめします。

留学中に病気やケガで病院のお世話になることも考えられます。

長期留学の場合は保険料も高くなりますが、短期留学も長期留学も保険に加入しておくと何かあった時のために安心ですよ。

現地で生活するための費用を調べてみた

v

食費や日用品など生活必需品のための費用です。

この費用も留学生活を送るために必須の費用ですよね。

ただ毎日毎食レストランで食事をすると食費は上がってしまうの注意しましょう。

外食と自炊をうまく組み合わせれば節約に繋がりますよ。

またホームステイの場合は食事プランも予約することも出来ます。

1食か2食のプランから選べるので、希望する場合は、申し込みの時に部屋のタイプと併せて予約しましょう。

留学中の移動手段、交通費

マルタでの移動

マルタの語学学校は基本的に滞在先から徒歩圏内のところにあるので、交通費はかからないことがほとんど。

でも、週末ちょっと遠出する時や滞在先からショッピングエリアまで交通機関を利用する可能性もありますよね。

主な交通手段はバスになりますが、タクシーを利用する場合もあるかもしれません。

空港送迎を依頼しない場合、自分で滞在先まで向かう必要があります。

空港から滞在先までのタクシー代も必要になってきますので、多少所持金に余裕を持っておくといいですよ。

滞在先の周辺環境を事前に確認しておくと、おおよそどのくらいの費用が必要かわかってきます。

滞在先周辺にスーパーはあるのか、バス停が近くにあるのかを確認しておくといいかもしれませんね。

3か月以上の滞在に必須となるビザに関して

ビザの申請費用

90日以内の滞在の場合は、観光ビザで滞在できるのでビザ申請の必要はありません。

でも90日以上滞在する方は学生ビザの申請が必要になります。

ビザ申請書類を準備し、マルタに到着してからビザセンターにて申請をしましょう。

学生ビザの申請には申請料の66ユーロ(約4,500円)が必要になります。

マルタ長期留学の方はしっかり準備しておきましょうね。

遊興費(旅行費、交際費、アクティビティ費用)はどれくらい必要?

お小遣いはどれくらい?

友達と遊びに行ったり、旅行に行く費用は生活費に含まれてません。

そのため、遊びに行くための費用を準備しておきましょう。

語学学校のアクティビティは無料で参加できるものもありますが、スポーツや旅行など有料なものが多いです。

アクティビティ参加や旅行を計画している人は少し多めに用意しておくと安心ですね。

語学学校に申し込めば、アクティビティカレンダーを提供してくれます。

カレンダーを確認して、いろいろなアクティビティに参加してみてくださいね。

気になるアクティビティがある場合、事前に費用を確認できますよ。

その他どんな費用がかかる?

それ以外のお金について

上記の費用以外に定期的に病院や美容院等に通う可能性のある人は予め予算を確保しておくといいかもしれません。

短期留学は必要ない場合もありますが、長期留学は滞在期間が長いのでその他費用として準備しておきましょう。

期間別、語学学校に通うためにどのくらいかかるのか比較表を作りました

学校費用を比べてみる

短期、中期、長期の留学期間によって、費用が変わります。

滞在期間が長くなればなるほど費用が高くなりますが、一定の週数以上であれば長期割引が適用されることもあります。

マルタ留学は比較的安く、留学へ行ける国ですが、どのくらいかかるのか目安がわかりませんよね。

マルタは日本ではまだメジャーな留学先ではないので、語学学校に通うための費用が予想できないという方が少なくありません。

早速ですが、期間別の費用を比較してみました。

これからマルタ留学を考えてる方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マルタ留学に必要な学校費用・期間別一覧

  • 1週間 約7万円
  • 2週間 約13万円
  • 4週間(1か月) 約26万円
  • 12週間(3か月) 約65万円
  • 24週間(6か月) 約150万円
  • 48週間(1年) 約300万円
期間費用(円)
1週間約7万円
2週間約13万円
4週間(1ヵ月)約26万円
12週間(3ヵ月)約65万円
24週間(6ヵ月)約150万円
48週間(1年)約300万円
–>

※費用は概算です
※パートタイム授業、レジデンス(シングルルーム利用)の場合の料金を比較しています
※生活費や航空券、ハイシーズン料金等は含まれてません

マルタの語学学校へ通うには、学費や滞在費の他に入学申請料、滞在先手配費用、教材費などの細々とした費用もかかってきます。

上記の費用は語学学校へ支払う必要がある費用を全て含んでいます。

入学申請料と滞在先手配費用は申し込みの時の1度だけ払えばいい費用ですが、ホームステイ先を変更したい場合、滞在先手配費用は再度支払う必要がある可能性もあるので注意しましょう。

また教材費はクラスのレベルが上がるごとに支払いが必要なこともあります。

請求書に留学期間分の教材費が含まれているのか、それとも最初のクラス分のみでそれ以降は現地で支払う必要があるかどうかも確認しとくといいですよ。

マルタ留学短期1週間から4週間、約1か月までの費用はいくら?

1週間から4週間の場合

留学したい期間のおおよその学費と滞在費は予想できましたか?

留学は期間によって費用が変わりますが、語学学校によっても費用が変わってきます。

語学学校ごとにどのくらい費用が異なるのでしょうか?

今回はおすすめの語学学校3校の留学費用を比較していきます。1週間から1ヵ月のマルタ短期留学にかかる費用について詳しく紹介します。

学校名/期間1週間2週間3週間4週間
EC€565 約70,000円€1,055 約130,000円€1,545 約190,000円€2,035 約250,000円
ESE€570 約70,000円€1,090 約130,000円€1,610 約200,000円€2,130 約260,000円
IELS€667 約80,000円€1,178 約150,000円€1,689 約210,000円€2,035 約270,000円

※費用は概算です。
※パートタイム授業、レジデンス(シングルルーム利用)の場合の料金を比較しています。
※生活費や航空券、ハイシーズン料金等は含まれてません。

マルタへの短期留学は7万円から30万円以内で1ヵ月以内の留学ができますね。

イギリスへの短期留学は約50万円かかるので、ヨーロッパ方面に留学したい人にとってマルタは魅力的な留学先です。

1週間の超短期留学であれば、予算の都合もつきやすいですし、ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期連休を利用して2週間のマルタ留学することもできますよね。

しかもこの短期間であれば観光ビザで入国ができるので、学生ビザの申請は必要ありません。

手の届きやすい留学費用でマルタ短期留学に挑戦してみましょう。

留学で友達を作って、帰国してからもFacebookやinstagramなどのSNSで英語での交流の場を広げることも可能ですよ。

中期マルタ留学、8週間・2か月、12週間・3か月の費用比較

おすすめの2ヵ月・3ヵ月

中期間の留学は安くても100万以上かかることがほとんど。

アメリカやイギリス、カナダなどの留学先として人気の国は学費や滞在費だけでも結構高くなってきます。

フィリピンなどのアジア圏への留学も人気が上がってきてますが、毎日勉強だけで楽しみがあまりないと感じる人も少なくありません。

マルタ留学は英語圏でありながらも比較的費用を抑えて留学することができるので人気が出てきてますよ。

では中期マルタ留学、2カ月および3か月の場合にかかる費用を語学学校別に比較していきます。

学校名/期間8週間(2か月)12週間(3ヵ月)
EC€3,795 約470,000円€5,655 約700,000円
ESE€3,370 約420,000円€5,030 約620,000円
IELS€4,068 約500,000円€6,024 約750,000円

※パートタイム授業、レジデンス(シングルルーム利用)の場合の料金を比較しています。
※費用は概算です。時期によって、ハイシーズン料金が上記に加算されます。
※ユーロと円にて表示しています。

実は8週間以上のマルタ留学の場合、長期割引が適用されます。

短期留学をして、現地で数週間延長することもできますが、その場合損してしまうことも。

8週間以下のコースを申し込みして現地で延長すると、最初の週数は通常価格になります。

まとめて8週間以上のコースを申し込む人と比べてたら長期割引の適用範囲が狭まってしまいますよ。

もしかしたら現地で延長するかも…と考えている方は留学エージェントに相談しつつ、8週間以上のコース申し込みをするとお得になる可能性があります。

マルタ長期留学、24週間・半年から48週間、約1年間だとビザ申請も必須

長期留学、半年・1年間

マルタは短期留学が有名な国ですが、長期留学も人気が上がってきています。

マルタは小さな島国なので、長く滞在すると飽きると思う人が多いのですが、実はそんなことありません。

詳しくはマルタは長期留学だと飽きる?本当かどうか検証してみたにて紹介してますので、ぜひ読んでみてくださいね。

半年(24週間)や1年の(48週間)マルタ長期留学の費用がどのくらいになるか気になるところ。

マルタは安く留学できるといわれていますが、長期間の留学は必然と費用も高くなります。

語学学校別の半年(24週間)と1年(48週間)の費用を比較してみましょう。

学校名/期間24週間(半年)48週間(1年)
EC€11,835 約1,450,000円€23,595 約3,000,000円
ESE€12,170 約1,500,000円€24,290 約3,010,000円
IELS€12,732 約1,600,000円€25,308 約3,140,000円

※フルタイム授業、レジデンス(シングルルーム利用)の場合の料金を比較しています。
※費用は概算です。時期によって、ハイシーズン料金が上記に加算されます。
※ユーロと円にて表示しています。

長期留学となると600万円程費用がかかる留学先も珍しくありません。

マルタ長期留学では、滞在期間まるまるマルタで留学生活を送ることも出来ますし、他の国との2ヵ国留学をすることもできるので目的に合うよう留学プランを作ることができます。

フィリピンで英語の基礎を学んで、マルタ留学ではフィリピンで学んだ英語を活かしながら留学生活を謳歌することもできます。

マルタの長期留学は留学の目的によって色々変わります。海外進学向けの留学プランもできますので、ぜひご相談くださいね。

いつが一番安くておトク?航空券の相場について

格安航空券をゲット

学で一番高い費用といえば学費や滞在費に続き、航空券ですよね。

マルタの国際空港はルア・マルタ国際空港の1ヵ所のみ。

日本とマルタ間航空券は往復で10円前後が相場です。

ただ留学時期や購入時期によって費用が変わってきます。

渡航日が近くなると航空券が高くなる可能性もあるので、余裕をもって購入することをおすすめします。

特に夏の時期は語学学校もハイシーズン料金が加算され、その上航空券も他の時期に比べて高くなってしまいます。

夏のピーク時期は20万円を超えてしまうことも珍しくありません。

また旅行へ行く人が少ない閑散期は航空券も安いことが多いです。

他にも早めに航空券を購入することで早期割引が適用されることもあります。

留学時期が決まったら,Sky Scannerなどの航空券予約サイトで値段を調べて、相場がいくらくらいか確認しておくといいですよ。

ただ早めに購入することにも注意が必要です。

入居日が決まっている場合は問題ないことが多いのですが、入居日が土曜と日曜のどちらでも大丈夫という場合はきちんと日時を確認してから購入しましょう。

学校都合ではありますが、閑散期などは学生数が少なくコースが開講されないというトラブルも考えられなくありません。

急な日時変更も対応してもらえる航空券であると、何かあった時に余計な費用がかからない可能性がありますよ。

航空会社によって、規約が異なるのでしっかりと確認しましょう。航空券に関しては「格安航空券マルタ行き往復チケットを手に入れる方法」にも詳しく載っていますので併せてご覧くださいね。

時期だけでじゃない、航空会社選びも費用を抑えるポイントのひとつ

航空会社選びについて

時期によって、費用は異なることは上記でお話した通りですが、航空会社によっても費用は変わってきます。

日系会社や外資系航空会社、格安航空会社(LCC)など航空会社も様々です。

おすすめの航空会社はズバリ、エミレーツ航空です。

サービスもしっかりしていて、1度は乗ってみたい憧れの航空会社と言われている程。

マルタまでの航空券は比較的安いこともおすすめしたい点です。

ただ、どの航空会社でも変わらないことは、マルタまでの直行便はなく、香港やドバイ、イタリアなどの経由便のみということ。

エミレーツ航空はドバイなどの中東経由ですが、乗り換えが1回のフライトがあるので海外初心者にもおすすめです。

乗り換えが2回以上の航空券もありますが、費用が安いからといって安易に購入してしまうのはトラブルの原因になります。

海外に行き慣れている方は、飛行機に慣れている方が多いですよね。

なので、乗り換えが数回あっても問題な方が多いでしょうが、心配な方は乗り換えが1回の航空券のほうが安心しますよ。

弊社、マルタマルタドットコムのサポートをご利用いただいている方限定になりますが、航空券に関するアドバイスをすることも可能ですよ。

自分で航空券を購入することが心配な場合は、留学エージェントに頼るのも一つの手ですね。

必要ではないけど、海外留学(旅行)傷害保険の加入をおすすめします

保険は絶対おすすめ

海外に行く場合は、保険に加入することも大切ですよ。語学学校で保険に加入出来たり、日本の海外旅行保険に加入したり、クレジットカードに付帯している保険があったりと様々ですが、各保険にメリットとデメリットがあります。

海外留学(旅行)保険の加入は必須ではありませんが、いざという時のために加入しておきましょう。

一番のおすすめは、AIG保険の治療費無制限のプランです。マルタは治安がいいので、他の国よりも安心して過ごせますが、無保険だと何かあった時に多額の費用がかかってしまうことがあります。

日本にいる間は健康保険証のお陰で何割かの負担で済みますが、海外では日本健康保険証は利用できません。

当たり前ですが。

なので、留学中のケガや病気などを補償してくれる海外留学保険に加入しておきましょう。

また、語学学校などの海外の保険は基本的に英語でのサポートになります。

英語に慣れている方も保険や医療などの専門用語は聞き慣れないことがほとんど。

日本の海外留学保険に加入することで、日本語でサポートをしてもらえるのでわからない英語に戸惑うこともありません。

わからない英単語も日本語でサポートしてもらえれば安心ですよね。

海外留学(旅行)保険は加入しなくてもいいと考えている人もいますが、留学中に何かと病院にかかることはあります。

一番多いのは虫歯など歯科治療。

保険に加入してないと全額実費になりますが、歯科治療を補償している保険に加入しておけば日本に戻ってからお金が戻ってくることもあります。

自分が加入する保険内容をしっかり確認してマルタ留学に備えて保険に加入することがおすすめな理由を別のページで紹介しています、是非ご一読ください。

期間別・総額はいくらかかるのか一覧表で確認

期間別の費用総額

今までは語学学校へ支払う費用(学費や滞在費など)を比較していきましたが、留学には他にも生活費などの費用がかかってきます。

ここでは、食費や交通費、航空券代などを含めた総額の留学費用を見ていきましょう。

平均の金額を合算しているので、留学時期や購入時期、現地での生活状態によって変ってきます。

あくまで目安としてお考えくださいね。

マルタ留学に必要となる期間別総費用

  • 1週間 約23万円
  • 2週間 約30万円
  • 4週間(1か月) 約50万円
  • 12週間(3か月) 約110万円
  • 24週間(6か月) 約230万円
  • 48週間(1年) 約450万円
期間費用(円)
1週間約23万円
2週間約30万円
4週間(1ヵ月)約50万円
12週間(3ヵ月)約110万円
24週間(6ヵ月)約230万円
48週間(1年)約450万円
–>

※費用は概算です。
※パートタイム授業、レジデンス(シングルルーム利用)の場合の料金を比較しています。
※学費や滞在費に加え、航空券代、保険料など必要な費用を合算した金額を表示しています。
※留学時期により、上記の費用にハイシーズン料金が加算されます。

おおよそのマルタ留学にかかる費用の予想がつきましたよね。

上記の費用より安くすることも出来ますし、逆に高くなってしまうこともありますが、現地での費用は自分がどのような生活を送っているかになってきます。

留学をする際に最も高い費用は学費や滞在費等の語学学校へ通うための費用と航空券です。

でも食費などの生活費なども毎食贅沢していると結構な額になってしまいます。

羽目を外しすぎないよう、計画的に留学生活を送ってくださいね。

またハイシーズンや渡航日ギリギリになると、緊急手配料などの余計なお金がかかってしまうこともあります。

なので、留学準備は余裕を持ってしましょう。

留学希望時期から3ヵ月前には留学エージェントに相談したり、語学学校や滞在先を手配しておくとぎりぎりになって焦ることがなくなるのでおすすめですよ。

マルタマルタなら留学費用をどこよりも安い、是非お問合せください

是非、お見積り依頼を

マルタ留学にかかる期間や語学学校別の留学費用を紹介しましたがいかがでしたか?

おおよそのマルタ留学の費用が明確になりましたよね。

語学学校別の留学費用もどのくらい違うのかわかっていただけたことと思います。

今回お届けした費用のうち、学費や滞在費、航空券であれば、費用を安くする方法もありますよ。

知りたい方はぜひマルタマルタドットコムまでに留学相談にいらしてくださいね。

また最初は短期留学でマルタの生活に合うか見極めてから、現地でコースを延長したいという人もいますよね。

延長した場合、総週数がどのくらいかによって長期割引が適用されず、損してしまう可能性もあります。

でも、それは留学エージェントによって差がでてくることも。

マルタマルタドットコムでは、長年マルタ留学のサポートをしてきた弊社だからできる交渉術を使い、お客様が損をしないようサポートしております。

もし他の留学エージェントより見積もりの金額が高い場合、ぜひご相談くださいね。

ブログ一覧 ブログ一覧 魚
無料相談はこちら 画像