ブログページ トップ 画像 ブログページ トップ 画像
留学準備

マルタの学生ビザに関する注意点

はじめてのことがたくさんの留学手続き。学校選びも滞在先の手配も完了して、後は渡航日を待つのみ。

でも、ちょっと待ってください、あなたはビザ申請の準備はできてますか?

ビザ申請も大切な留学手続きのひとつです。マルタへ留学する場合、必ず学生ビザを取得する必要はありませんが、一定の滞在期間以上の留学なら学生ビザを申請しなくてはなりません。

マルタは短期留学の学生が多く、学生ビザ申請に関する情報が少ないため、困ってしまうことも。

ビザ申請に必要な書類や申請場所、申請時期はどうすればいいんだろう?マルタの学生ビザに関する疑問はたくさん出てくるはず。

でも、残念なことに語学学校や留学エージェントによって、全くサポートしてくれないことも珍しくありません。

そうなってくると、学生ビザを申請する際の注意点も気になりますよね。

今回は疑問が解決できるよう、マルタの学生ビザ申請に関する必要な情報や注意点をお届けいたします。

マルタ留学は必ず学生ビザの申請が必要か

マルタは留学期間によって、学生ビザの申請が必要な場合と必要でない場合があります。

3ヵ月未満(90日未満)の滞在期間であれば、学生ビザの申請が必要ではありません。


この期間内は観光ビザでの滞在が許可されているので、特別な手続き不要でマルタに滞在することができますよ。

ただマルタに3ヵ月以上(90日以上)以上滞在する中長期留学の場合は、必ず学生ビザの申請が必要になります。


基本的な学生ビザ申請の必要書類は以下となります。

  1. ビザ申請用紙
  2. パスポート(原本)
  3. パスポートコピー(全ページ)
  4. 往復航空券
  5. 海外旅行保険
  6. 顔写真
  7. 英文残高証明書
  8. 財政保証書 ※家族名義の残高証明書の場合
  9. 7の金融機関口座のキャッシュカードコピー
  10. 語学学校から発行された書類
  11. 現地ATMのレシート ※マルタ入国後にATMを利用した場合
    =カード番号とレシート番号を照合し、現地でカード利用できるかを確認します。

ビザ申請に関しては海外に行くなら知っておこう、マルタ留学ビザルールについてに詳細が載ってます。

必要書類についても詳しい情報が記載されていますので、併せて読んでみてくださいね。

他の国の学生ビザはビザ面接があったり、留学の目的に関するエッセイを提出したりと何かと手間がかかります。

でも、マルタの学生ビザ申請は書類提出のみでOK。

その上、マルタ入国後に申請をするので、他の国に比べてシンプルですよね。

学生ビザは留学先の国から勉強のための滞在許可をもらう申請です。

とても重要な手続きなので、書類不備がないように気をつけましょう。

ビザ申請で気をつけるべきポイント

シェンゲン協定の加盟国のマルタは、シェンゲン加盟国の規定により、3ヵ月未満(90日未満)であれば、観光ビザで滞在することができます。

短期留学であれば、特別なビザ申請の必要はありませんよ。

でも3ヵ月以上(90日以上)の中長期留学の場合は学生ビザ申請の必要があるので注意しましょう。

ビザ申請は日本でする必要はなく、マルタ到着後にビザセンターにて申請します。

渡航前に必要書類をきちんと書類を揃えておきましょう。

書類不備などの問題がなければ、基本的には学生ビザの許可がおります。

日本にいるうちに必要書類を揃える必要があるので、事前に不足書類や書類不備がないか確認したり、パスポートの有効期限や残日数が問題ないかしっかり確認しましょう。

語学学校から発行される書類も最低限、名前のスペル、日付等自分でわかる範囲の情報に誤りがないか確認することをおすすめします。

エージェントを通して留学手続きしている方は、エージェントでも内容を確認しているはずですが、見落としがある可能性もあります。

もらった書類は自分でも必ず目を通しましょう。

また、マルタ到着の1週目ははじめての留学生活で慣れないことも多いはず。その上、ビザの規定は変更になる可能性もゼロではありません。

ビザ申請の時期は、マルタ入国後8週間以内までに済ませておくことをおすすめします。

学生ビザは授業の出席率も非常に重要です。80%以上の出席率を維持するように心掛けることも大切です。

もし体調を崩して欠席が長引いてしまうようであれば、語学学校のスタッフに相談してくださいね。

医師からの診断書をもらうようアドバイスしてくれたり、何かしら提案してくれるかもしれませんよ。

それでも心配という方はぜひマルタマルタドットコムまでご連絡ください、弊社でも出来る限りサポートさせていただきます。

語学学校や留学エージェントはどこまでサポートしてくれるのか

ビザ申請は留学者本人がする作業の中で最も重要です。初めてのビザ申請は戸惑うことも多いはず。

必要書類は準備したけど、合っているか心配になることも出てきますよね。

語学学校や留学エージェントがサポートしてくれれば安心しますが、サポート内容は会社ごと、学校ごとに違います。

実は学生ビザに関する知識や経験がない学校は少なくありません。

留学エージェントも同じで、学生ビザについて語学学校に聞くように案内されることもあります。

その理由は留学生のほとんどが短期滞在で、学生ビザ申請の必要がないからです。

語学学校の場合は、長期滞在のヨーロッパ以外の留学生が少なく、情報を持ち合わせていないことも理由のひとつ。

留学エージェントを選ぶときは、ビザ申請サポートをしてくれるのか確認したほうが後々安心かもしれませんね。

たまに留学エージェントにビザ申請サポートをしてもらえれば、必ずビザの許可がおりると思われいる人がいます。

残念ながら、絶対大丈夫とは言えません。

ビザを発給しているのはマルタの移民局なので、どの学校もどの留学エージェントもビザ発行に関して確約ができません。

ただ長年留学生のサポートをしていることもあり、ビザ申請に関する知識が豊富なことも事実です。

この点を誤って理解していると大変です。しっかり理解しておきましょう。

マルタマルタドットコムは学生ビザ申請をサポートします

マルタマルタドットコムでは留学相談を始め、留学手続きからビザ申請までしっかりサポートします。

長年、留学生をマルタへ送り出している弊社だからこそ、知っていることも多くあります。

ただ繰り返しになりますが、他の留学エージェントと同じで「絶対にビザがおりるよ」と確約できるわけではありません。

でも、出来ることもたくさんあります。

ビザ申請に必要な書類は留学者本人に揃えてもらいますが、事前にその書類をチェックして、書類不備を防ぐようサポートはできます。

実は「書類チェック」はとても重要。

マルタの学生ビザ申請は書類提出だけなのでシンプルな作業ですが、不足書類や書類不備があったら大変。

弊社では書類の確認を語学学校と連携しています。

万が一、ビザ申請について変更などあった場合もすぐ対応できるよう体制を整えているので安心してくださいね。

また渡航前にビザ申請について丁寧に案内していることもあり、留学生からトラブルがあったという声はありません。

学生ビザの申請からビザ発行までの一連の流れはわかりやすく書類にして、学生様へお渡ししています。

多くの学生様に安心してマルタ留学を送っていただけるようサポートしていますよ。

マルタ留学の学生ビザ申請についてのまとめ

観光ビザで滞在できる短期留学が多いマルタですが、中長期の留学者も続々と増えています。

3ヵ月以上(90日以上)の長期留学には学生ビザは必須。

ほとんどの留学エージェントはマルタの学生ビザに関して知識が少ない場合があり、不安になってしまうこともあるかもしれません。

自分で書類を集めてビザ申請してもビザが発行されなかったらどうしようと心配になる方もいます。

マルタマルタドットコムでも学生様からビザに関する心配事や質問、相談を多くいただいてます。

その心配を少しでも取り除くため、弊社では丁寧にわかりやすくご案内することを心掛けております。

もちろん、マルタやマルタ留学についての長い経験があるので知識は豊富です、安心して、弊社までご相談ください。

はじめてのことはいつでも不安です。

心配なことや不安に思うことは一緒に解決していきましょう。

マルタのビザ申請だけでなく、マルタ留学のご相談も随時受け付けております。

お気軽にマルタマルタドットコムまでお問い合わせくださいね。

無料相談はこちら 画像