ブログページ トップ 画像 ブログページ トップ 画像

毎日をどんな風に過ごす?食べ物や生活用品はいくらなのか

格安で英語を勉強できるマルタ留学ですが、ヨーロッパのリゾートということもあり、現地滞在中の生活費用がどれくらいかかるか、心配ですよね。

語学学校に通う場合、ホームステイなら朝・夕食は付くことが多いのですが、学校までの通学にバスを利用することがほとんど。

逆に語学学校近くの学生寮やレジデンスなら、徒歩で通学できるけど食事は自炊となります。

マルタ留学生活中はどのような食事をとって、休みの日に観光を楽しむ場合にどんな交通手段があるのか、またその費用がどれくらいかかるのか、調べてみました。

短期、長期いずれの場合もマルタ留学中の通信手段として携帯をお得な費用で利用するにはどうすればよいかも紹介します。

マルタ留学に向け、必要となる滞在中の生活に関する費用、情報を一緒に確認していきましょう。

マルタ留学中の普段の生活ってどんなもの?

マルタ留学に興味をお持ちいただけたあなたへ。マルタにいつ頃からどのくらいの期間行くか、また語学学校はどこが費用が安くて良いのかなど気になることはたくさんあると思います。

同時にマルタ留学中の普段の生活、食事や移動手段、友達との通信手段、インターネットや携帯・スマートフォンについて調べてみましょう。

1週間から4週間の夏休みや春休みを利用した短期はもちろん、12週間・約3か月以上の中・長期マルタ留学でどのような生活を送ることになるのでしょうか。

基本的に生活費用ってどのくらい?携帯・SIMはいくら?

日本・東京で1人暮らしをするなら家賃に光熱費、それから毎日の食事に通学・通勤にかかる交通費用や、週末のおでかけ・外食を含めて約15万円程度かかります。

もちろん暮らす場所によって家賃は大きく変わりますが、マルタに留学する場合はどうでしょうか。

頻繁にいただくご質問に「留学中に必要な生活費ってどれくらいみておけば良いですか?」というものがあります。

これも滞在方法だけでなく、あなたが普段、どのような生活をしてるかによって異なります。

人付き合いがよく、休みの日に友達と出かける人は交友費が高くなりますが、インドア派のあなたならあまりお金を使うこともないはず。

留学中もそれは変わらず、語学学校で出会った友達とのお付き合いでランチや週末を外でとる場合にはお金がかかります。

あまり外食しないあなたも、世界中から集まった友達との出会い、別れの場として外食には参加することでしょう。

そんなマルタ留学の基本的な「生活費用」を一緒に見てみます。

マルタ留学中の日用生活用品の費用を知る

海外留学をする場合、滞在先として基本的に語学学校が手配してくれるホームステイ、または学生寮・レジデンスのいずれかを選ぶことができます。

前者、ホームステイの場合には朝・夕食付きで、バスルームも利用可能、ボディソープやシャンプー、バスタオルなどを用意してもらえますが、マルタ留学で人気の学生寮・レジデンス滞在の場合には食事も、生活に必要な日用品も別途、用意しなければなりません。

基本的に学生寮・レジデンスを利用する留学生の場合、1か月に必要な生活費用はおおよそ400ユーロ、この金額には自炊する場合の食事代、学校へバスを利用した通学費用も含まれます。

ですが、短期1か月だけ、または中・長期留学の場合でも、最初の1か月に関しては、日用品を用意しなければならないため、600~700ユーロ程度は見ておくべきでしょう。

1か月未満の短期留学の場合には、ボディソープやシャンプーなどを日本から小さなボトルに入れてもって行くのもおすすめ。

ヨーロッパ製のものは日本人にあまり合わないこともあるようで、もし購入するとしても赤ちゃん用、子ども用のものが良いようです。

中・長期留学の場合には、他の荷物が多くなってしまうので、日本から持っていくより現地マルタで購入することをおすすめします。

マルタのスーパーマーケットでの食材や、日用品費用はマルタの基本情報ページ>で紹介しているのでご参照ください。

気になる携帯、スマートフォン・SIMに関する最新情報

今や海外のどこに行ってもインターネットでつながる時代。

マルタ留学をする場合の携帯・インターネット情報について紹介しますね。

あなたがもし、1か月未満のマルタ留学をお考えなら、事前に海外で利用できるSIMカードを購入しておくのがおすすめ。

アマゾンなどの販売サイトで購入が可能、料金・データ量に合わせて選ぶことができ、設定も簡単です。

速度は日本にいるときに比較して落ちますが、メールやLINE、スカイプなどでの連絡をするには問題ありません。

もうひとつの方法は現地、マルタでのSIMカードの購入。希望するデータ量がチャージされたSIMカードを現地のお店で購入・使用します(いわゆるプリペイドタイプですね)。

3か月以上、半年や1年間のマルタ滞在を予定している場合には現地の携帯電話のお店で契約するのがおすすめ。日本にいるときよりも使用頻度は下がることも考え、格安プラン(20ユーロ程度から)を利用してみてはいかがでしょうか。

日本から海外留学する場合には、世界中のどこでも使えるポケットWIFIレンタルなどもありますが、こちらは費用が割高。金額をしっかり比較して、もっともリーズナブルなものを選びましょう。

ちなみに、ですがマルタ留学をする場合、すべての家庭ではありませんが、ホームステイ先でもWIFIが使えたり(週7-10ユーロの有料オプション)、学生寮やレジデンスにもWIFIがあったりします。

語学学校の校舎内にはWIFIもあるだけでなく、マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード、カフェやレストランなどのお店にもフリーWIFIがあります。

マルタマルタの主観ですが、せっかく世界遺産盛りだくさん、美しい海に囲まれたところにいながら、日本の友達とずっと日本語で連絡しているのはおすすめできません。

到着のお知らせ、キレイな写真が取れたときなどの連絡を除き、極力、マルタでできた海外からの友達と英語で楽しく過ごすように心掛けてくださいね。

美味しものも食べたい、レストランなどでの外食について

マルタ共和国はヨーロッパにある国です。

欧州中からたくさんの人があつまるリゾート地なのですが、海に囲まれていることもあり美味しいシーフードもあり食事が美味しい場所でもあります。

費用節約のため、抑えるべきところは抑えるべきですが、語学学校で一緒に学んできた友達の帰国や、折々の催し物の際には外食をして楽しみましょう。

マルタ留学中に楽しむべき食事、外食について案内していきますね。

マルタ留学は生活費用が安い、でも毎日外食はNG!

マルタはリゾート地でありながら、実は生活費が高くはありません。

同じリゾートでも、アメリカ・ロサンゼルスやハワイ、オーストラリアに比べ、滞在費用を安く抑えることができます。

学生寮・レジデンス、または友達同士でリーズナブルなアパートをシェアしながら、スーパーマーケットでいろいろ買い込んで自炊すれば食事にかかる費用も安くすることが可能。

でも、たまには息抜き、お付き合いで外食をしたい、そんな場合にどれくらいの費用が必要なのでしょうか。

たとえば語学学校のランチタイム。近くのカフェでサンドイッチとコーヒーを選ぶなら、おおよそ10ユーロ。ヨーロッパで人気、ボリュームのあるケバブなら5ユーロといったところ。

レストランなら20ユーロくらいは必要となります。

もし外食がランチ、であるなら、そこまで高額にはなりません。ですが、週末の金曜日、語学学校のクラスメイトとディナーを一緒にする、という場合にはご注意を。

お店にもよりますが、レストランなら前菜、メイン、デザートに加え、飲み物を何か頼めば50ユーロは必要。

チップ文化のある国なので、食事代プラスサービス費用を支払わなければなりません。

ただし!チップはスマートなサービスが提供され、食事にも満足したときだけ支払うもの。

支払う「義務」はありませんし、食事代の10~15%で十分です。

おすすめの料理やレストラン、お土産はコレだ

せっかくならマルタにいる間に美味しいお店巡りもしたいですよね。マルタ留学ご案内歴の長い、私、岩田がおすすめのお店をピックアップ、ご案内します。

カフェならここ!マーク&スペンサー、スリーマ店

マルタに数多のカフェあれど、こんなにキレイにバレッタが眺めることができる、穴場で落ち着いた長時間いれるカフェがこちら。

イギリスの老舗スーパー、マーク&スペンサーのマルタ支店で1階から3階までオリジナルの食材や衣料品が売っているお店の4階にあるカフェ。

メニューはイタリア系のカフェメニューにスコーンやお昼にはサンドイッチなどもありバリエーションに富んでいますが価格はそこまで高くありません。

テラス席が特に素晴らしく、バレッタを一望できます。これだけ高い位置からバレッタがキレイに見渡せるのはここだけ、スリーマの沿岸部も見渡せます。

店内も席と席の間あるので、パーソナルスペースが広く、スリーマでの散歩やショッピングの後にゆっくりしたい時、また日本の家族に手紙を書いたりするときにもおすすめです。

マルタ料理が楽しめるレストランGURURU、セントジュリアン

せっかくマルタに来たなら、マルタ料理を一度は試しておくべき。マルタ料理屋いくつかありますが、味と価格のバランスが良くて入りやすいのは、セントジュリアン地域にあるGURURUがおすすめです。

名物はウサギのシチュー、ヨーロッパではジビエ、ウサギが食卓にのぼることもあり、味は鶏肉に似ているとも言われますが、部位によって味と質感が異なります。

前菜としてマルタトラディッショナルプレートなどを頼むと、マルタで人気の豆やツナのディップとサラミ、ゴゾ島のゴゾチーズなど様々なマルタの典型的な料理の盛り合わせを楽しめます。

ゴゾのチーズはヤギのミルクで作ったフェタチーズに近い物で酸味と旨みのバランスが絶品。

マルタ料理はイタリア系にもアラブ系にも近い素朴な味わい、美味しい地元と白ワインがよく合います。

GURURUはお店の前がスピノーラ湾という入り江、テラス席が開けていることからマルタの風情を感じつつ、料理を楽しむことができるおすすめのレストランです。

お土産ならこれを選ぶしかない、美味しいマルタハニー

マルタはハチミツ発祥の地だと言われています。

濃厚で特徴的な味わいの色々な種類のハチミツは、現地ならとてもリーズナブル。

スッキリさっぱりしたものから、濃厚なハチミツまで、サンデーマーケットやその他のお店でお得な価格で購入可能、ご家族のお土産にもぴったり、おすすめです。

公共交通機関、バスやフェリーと隣国への航空券

地中海の美しい海だけでなく、世界遺産をはじめとした見どころ満載のマルタ。

現地滞在中に是非、回っておきたいおすすめスポットへ移動するにはどうしたら良いかを紹介します。

もしお金があるなら、もちろん便利なのはタクシー。空港にたくさん停まっている白いタクシーを利用する場合には、事前の値段交渉が必須です。

観光地ならどこでもあるぼったくり、負けないようにしっかり交渉して利用しましょう。

友達同士でどこかへ出かけるという場合にはインターネットを利用して手配が可能なタクシーが便利。語学学校のスタッフに相談して、指定の日時・場所に手配をしてもらうと良いです。

語学学校への通学に必要なバス、その利用方法と注意点

毎日タクシー利用はマルタ生活が長続きしません。現地の人々が生活の移動手段として利用しているのは自動車ですが、留学期間中にレンタカーを利用するのは安全面からもおすすめできません。

電車のないマルタの便利な公共交通機関であるバス、その利用方法と費用、注意点について説明していきますね。

マルタのバスを利用する場合、乗車時に運転手さんに運賃を支払い、チケットを購入するのですが、シーズンによって運賃が変わります。6月~10月はピークシーズンで2ユーロ、11月~5月はオフシーズンの1.5ユーロとなります(夜間利用は3ユーロ)。

1度チケットを購入したら2時間は有効、ちょっとした買い物の往復には便利、なのですが注意点として、「ぴったりの金額を用意しておくこと」。

私自身も実は経験がありますが、たまにお釣りがもらえないことがあります。混み合う乗車時にお釣り!と言い出す勇気がなかった(今なら言いますよ!)だけなのですが…はじめてのマルタ留学の場合、注意したいポイントです。

利用頻度にもよりますが、プリペイドカードとなる12 Single Day Jouneys(15ユーロ)なら12回乗車できるのでおトクです。2週間以下の短期滞在なら、1週間乗り放題のExplore Unlimitedがおすすめ、乗り放題21ユーロ(10歳以下は15ユーロ)。

中・長期間のマルタ留学をご検討中のあなたへ、もちろんありますよ、定期券。Tallinja Card(大人は緑色)なら、月26ユーロ以上の支払い不要、毎回のバス利用でも75セントの割引ありといいとこだらけです、是非ご利用ください。

移動手段、ということでもうひとつ、マルタで人気の観光地、ゴゾ島へのフェリーを利用する際の注意点です。

このフェリー、往路(マルタ→ゴゾ)では運賃を支払いません!ゴゾ島から出発するときに往復費用、4.65ユーロを支払います。(2019年12月現在)

週末にフランスやイタリアへ、ヨーロッパのLCC事情

マルタ留学だからできる、ヨーロッパ各都市への小旅行。

ヨーロッパは格安航空会社、LCCが非常に多く、マルタ空港へも多くの航空会社が就航しています。

イタリアやフランス、スペインにイギリス、ドイツなど行ってみたいと思う国・都市は限りなくあると思いますが、LCC利用を便利に利用するコツと注意点を挙げておきますね。

まず、何より安くあちこち周りたいなら、とにかくマルタ留学そのものを早く決めてしまうことが大切です。

いつから、どのくらいの期間、どの語学学校に通うかを決めることで、日本からの出発日、および現地からの帰国日も決まります。

その上で、滞在期間中のどの終末にどの国へ行くか決めます。日本でも同じですが、格安航空券は早く買うことができればその分、おトクになります。

他のページでも案内していますが、マルタ留学の日にちが決まらないのにマルタ行きの格安航空券は購入しないようにしましょう。

語学学校手配が完了して、入学許可書がお手元に届いてから、はじめて航空券を購入します(もし入学許可がないまま先に航空券を購入してしまい、万が一、学校の滞在先が満室などの理由で出発日を変更しなくてはならなくなったとき、格安航空券はキャンセルしても返金がありません!)。

それからもう1点、マルタ留学中のヨーロッパ旅行について注意点があります。マルタはヨーロッパでも治安がとても良い国なのですが、近隣の観光国、フランスやイタリア、スペインはそうはいきません。

置き引きにスリ、スペインでは首絞め強盗などがある都市もあります、くれぐれもマルタと同じ感覚で観光旅行には行かないように。

しっかり気を引き締めて、ヨーロッパ各国の旅行を楽しみましょう。

LCCを利用しながら、ホステルやプチホテルへ滞在すれば、200ユーロかからず2泊3日のヨーロッパ旅行が楽しめます!

マルタ留学中の生活に関して気になることも無料でご相談ください

マルタ留学期間中の現地生活について紹介してきました、気になっていたことは解決しましたでしょうか?

ここに書かれていなかったけどマルタについて、聞いてみたい、質問したいと思うことがあればいつでもお気軽にお問合せください。

弊社はお問合せ・カウンセリングはもちろん、留学のお手続き・サポートも完全無料、さらに学校費用は最安値保証をしています。

あなたのマルタ留学を精一杯、応援させていただきます、是非、お問合せくださいませ。

マルタ留学情報広場 トップ マルタ留学情報広場 トップ 魚
無料相談はこちら 画像