ブログページ トップ 画像 ブログページ トップ 画像
おすすめ 文化と歴史

マルタ的超穴場、絶景スポットのご紹介

折角マルタ留学に行くなら、観光客が行かない秘密の絶景スポットを押さえておきたくありませんか?

留学中に授業についていけなくて落ち込んだ日の放課後、誰も知らない自分だけの絶景スポットに足を運んで景色に癒される・・・なんてちょっと憧れますよね。

または週末勉強を頑張ったご褒美に、誰も知らない秘密の絶景スポットにお出かけ、なんてのもいいですね。

ですが現実のマルタは、総面積が東京23区の半分程度の小さな国。 広大な面積を誇る国ならともかく、人口密度の高い小さな島で誰も知らない私だけの秘密の穴場スポットって中々存在しないのが現実です。

ですが、地元民は知っているけど、ツーリストにはあまり知られていないマルタ的な穴場の絶景スポットでしたらあります。

今回はマルタ的穴場絶景スポットを4か所ご紹介したいと思います。

気分転換にもおすすめ、癒される絶景を紹介します

留学中に訪れるべき絶景の紹介

学校で落ち込んだ時、綺麗な景色を見て癒されたい時、ただただ絶景を見たい時など、とにかく今の私には絶景が必要なんだ!って時に是非行ってみてください。

セント・トーマスベイの丘の上、ムンシャールパス

セント・トーマスベイの丘の上、ムンシャールパス

丘なのか崖なのか、正しい呼び名は不明ですが、マルサスカーラという小さな町の隣に広がる美しい湾、セント・トーマスベイから海に沿って丘を登った先の絶景スポット、ムンシャールパス(Munxar path)ご紹介です。

地元民が犬の散歩やウォーキングに来るくらいの静かな場所ですが、ここから見える碧い地中海と白い石灰岩の断崖絶壁のコントラストが最高に綺麗です。

このエリアは白い石灰岩が海底まで続いているようで、海の底も白いため、地中海の海が本当に碧く綺麗に見えるんです。

近くには飛び込みスポットとして有名なセント・ピーターズプールもありますので、海水浴目的の方は、そちらと合わせて訪れるのもお勧め。

また、週末にサンデーマーケットで有名な漁村マルサシュロックの近く、デリマーラ湾からセント・ピーターズプール経由で絶景を楽しみながらコーストライン ハイキングするのもお勧め。

マルサシュロックでシーフードランチを堪能した後、腹ごなしに絶景に癒されながらムンシャールパスまで歩くと普段町中で生活していては体験できない、マルタの美しい自然に出会えますよ。

アールラプシ&ピッシーナナチュラリー

アールラプシ&ピッシーナナチュラリー

マルタ留学する人なら絶対に一度はチェックする、みんな大好きブルーグロット! ではなく、ブルーグロットから北西6km程の場所にあるのがアールラプシ(Ghar Lapsi)。

ブルーグロットはチェック済みだけど、ここは知らない、って方が殆どだと思います。

アールラプシは海の一部がぐるっと岩で囲まれていて、天然のプールのようになっている地元で有名なダイビングスポット。

日本人の私達から見ると、角度によっては一見海の天然温泉に見えないことも。 近くにはレストランが2~3件とダイビングショップが1件。

それ以外何もありません。

夏は地元民が海水浴に訪れますが、それ以外の時期は静かに岩に座ってぼーっと景色を楽しむことが出来ます。

アールラプシ・ダイビング

ここまでアールラプシの紹介をしておいてなんですが、実はアールラプシは超穴場という程ではなく、それなりに人がやってきます。

超穴場なのは、アールラプシから続くトレッキングコースの先にあるんです。 景色を楽しみながら少々ラフなトレッキングコースを進むこと約30分。

ゴールに待っているのはピッシーナ ナチュラリー(Pixxina Naturali)という小さな小さな蒼い天然のプール。

ここまで訪れる人も少ないため、独り占め感が半端ないです。

海に入れる時期に行ってみたい!という方は水着とタオルをお忘れなく。

とても小さいですが、海とつながっていますので、シュノーケルも可能。

アールラプシだけに行くという場合は、サンダルでも問題ありませんが、ピッシーナ ナチュラリーへのアクセスは、最後に急な崖のような場所を降りますのでスニーカーやトレッキングシューズが必須。

ハイキング目的でも海水浴目的でも楽しめますが、周りを岩に囲まれているため、日差しがしっかり上から入り込む、午後早い時間までに訪問することをお勧めします。

メリッハコーラルラグーン

メリッハコーラルラグーン

次のマルタ的穴場絶景は、ゴゾ島行きフェリー乗り場のあるチェルケウワに行く途中の村、メリッハの外れの洞窟コーラルラグーン(Coral Lagoon)。

公共のバスで行けるのは、コーラルラグーンから徒歩30分の場所まで。

バスを降りてからはマルタ島の最北東端を目指して歩きます。 コーラルラグーン付近に到着すると足元にぽっかり開いた大きな穴の洞窟、そしてその中には碧く煌めく海が現れます。

地上から洞窟の中の海までは結構な高さがあり、直接降りることは出来ません。

洞窟の中で泳ぐには陸からではなく、海からボートやカヤックでアクセスする必要があります。

そのため洞窟の上から絶景だけを見たい方は陸から、洞窟の中で泳ぎたい方はアクテ ィビティツアー等に参加して海からアクセスしましょう。

海外のツーリストの中には、上から洞窟の中に飛び込む方もいますが、非常に危険な行為であるため、飛び込みは絶対にお勧めしません。

また飛び込んでしまうと、陸に戻ってくるのにそれなりに泳ぐ必要がありますのでくれぐれもご注意ください。

また岩場の上を歩くことになりますので、スニーカー等をお勧めします。

ゴゾ島にもあるおすすめの絶景スポットをご紹介

ゴゾ島にもあるおすすめの絶景スポットをご紹介

マルタ留学中に多くの学生がアクティビティとして参加するゴゾ島ツアー、そのおすすめの絶景を紹介します。

アースリー渓谷

アースリー渓谷

アースリー渓谷(Wied-il-Ghasri) はゴゾ島にあるため、今までご紹介した中で一番アクセスに時間がかかる場所になります。

ゴゾ島の中心街、ヴィクトリアから309番のバスに乗って終点で降り、15分位海に向かって歩くと長い下り階段が現れますので、そこを降りましょう。

階段を降りるときは、またここを登るのかと少々げんなりしますが、途中で眼下に飛び込んでくる可愛らしい小さなフィヨルドの景色にはテンションが爆上がりします。

入り江の入り口は、本当に猫の額ほどの狭さのため、波打ち際に5人もいたら、混んでいると印象を受けるほどです。

また、砂ではなく岩や小石がゴロゴロしていますので、波打ち際のビーチで日光浴する感じではなく、入り江を囲む一枚岩の上で寝っ転がって景色を楽しんだり、入り江 の少し奥まで泳いで行って海水浴を楽しむ人が多く見受けられます。

ちなみにこのエリアですが、周囲にお店は一軒もありません。

夏の間は駐車場で飲み物を売っていることもありますが、基本的に食べ物や飲み物は持参してお出かけください。

水浴目的の方は、クラゲが発生している可能性もありますので、十分ご注意を。

マルタの超穴場絶景スポットまとめ

マルタ留学の魅力はまだまだあります、詳しくはぜひお問い合わせください

いかがでしたでしょうか。

地中海の島国の穴場絶景スポットという事で、海が絡む場所中心となりましたが、泳がなくても十分楽しめる場所となっております。

海水浴シーズン中の留学でない方も、是非週末や空き時間を利用して行ってみてはいかがでしょうか。

今回紹介したマルタ的超穴場絶景スポットは基本的にタクシーに乗れば直ぐ到着、といった場所ではありません。

マルタ的超穴場絶景スポットを訪れるには舗装されていない場所を歩く必要があるため、靴はサンダルではなく、スニーカーやトレッキングシューズで。

どの絶景スポットも日の差し込み具合が重要な場所になりますので、晴れた日の午後早い時間までに訪問されることをお勧めします。

絶景へのアクセスが不安、訪問するのにあたって質問があるというあなた、ご遠慮なくマルタマルタまでお問い合わせください。

マルタ留学のお悩みや、ご相談と合わせてマルタのスペシャリストがお答えさせていただきます!

ブログ一覧 ブログ一覧 魚
無料相談はこちら 画像