ブログページ トップ 画像 ブログページ トップ 画像
留学生活

納得のヨーロッパで○○第1位!マルタの食事

ヨーロッパでは毎年、嫌なことに、肥満度ランキングなんてものが発表されますが、そのランキングでマルタが何位くらいか想像つきますか?

なんとマルタは堂々の第1位。

ヨーロッパトップの肥満国なんです。

炭水化物を多くとるから?と思う方もいるかもしれませんが、パスタ、ピザで有名なイタリアはランキングの後ろのほうにいるので、炭水化物ってだけではなさそうです。

ランキングの結果を知ってマルタに行くと「なるほど1位になるはずだ」と思われる事がきっとあるでしょう。

ということで、今回はマルタ留学中に食事で気を付けることを紹介したいと思います!

その1 気になるのはわかるけど、頼む前に量をチェック

マルタの食事の大きな特徴はとにかく量が多い事こと。

せっかくマルタまで来たし、とメニューにあるちょっとしたコースを頼んでメインが来る前に撃沈する日本人は少なくありません。

食べ物が美味しく日本人の口に合う食事が多いので、日本では有り得ない量の前菜にテンションがあがり、メイン並みの量の前菜を完食したら想像を絶するボリューム。

メインが出てくるころには「ごめんなさい、もう無理です」なんてことも度々。

食事を頼むときは一気に複数の料理を頼まず、量に充分注意してオーダーしましょう。

コースで頼むときは、メインをスターターサイズでお願いすると、多少日本の量に近づいて安心です。

その2 地中海スローフードってやつです

マルタ食文化はまさに地中海スローフードで、長い時間をかけてゆっくり食べます。

そのためレストランでも、お客が待っているから食事を早く出すといった発想があまりないようです。

それでなくても量が多いのに、ゆっくり食べる分、普段よりも早くお腹いっぱいになってしまうといった状態に陥りやすいです。

レストランに行くときは、食事の量をこなせる語学学校のクラスメイトを誘って出かければ、食事のシェアはもちろん英語で会話を楽しみながら食事を楽しむことが出来ます。

食事はぜひクラスメイトとお出かけください。

その3 余ったら持ち帰りもOK

マルタでは、食べきれない分は持って帰る事が可能。

食べきれないな、と思ったら限界まで頑張るのではなく、遠慮なく持ち帰りたいとお店の方にお願いして、翌日の学校でのランチや夕食にしてはいかがでしょうか。

その4 炭水化物攻めに注意を

マルタはパンやパスタといった小麦粉の食事が主流です。

レストランでメニューを決めるときに安いしお得だし「簡単なコースがあるからこれにしよう」なんてメニューをきちんと確認せずにオーダーすると、前菜ピザ、メインがパスタなんてダブル炭水化物が出てくることがあります。

そこですめばいいのですが、更にデザートがデーツパイやハニーリングなど小麦粉を使ったスイーツで、トリプル炭水化物になる事もあります。

一品一品が美味しいのは間違いない。

けれど、マルタでは気を付けないと炭水化物攻めにあう事があります。

炭水化物の摂取量を気にしている留学生はマルタ滞在中はいっそ諦めるか、メニューをしっかりご確認下さい。

納得のヨーロッパで○○第1位!マルタの食事のまとめ

これから英語の留学に出発する方には、ちょっと警戒するようなことをご案内してしまいました。

でも頼みすぎない、食べきれないなら持って帰る、このポイントを頭の片隅に留めておけば基本的に大丈夫。

折角のマルタ留学ですので、学校のクラスメイトと一緒に気になるレストランを巡って、英語留学中は思う存分地中海の食事を楽しんできてください!

ブログ一覧 ブログ一覧 魚
無料相談はこちら 画像