マルタに留学するなら

マルタの学校基本情報

TOP > マルタの英語学校 > 学校基本情報

 学校基本情報

クラスの定員は最高10人または12人

イギリスの安い語学学校の場合20人などになる場合があるので、良い環境だといえます。

20レッスンが基本ですが、1レッスンは45分

1レッスンは45分です。1時間ではありません。
1週間の授業分数は20レッスン×45分= 900分 = 15時間 = 1日3時間
30レッスン×45分= 1350分 = 22時間半 = 1日4時間半

※例外
1レッスン = インリンガ → 50分

毎週月曜日に入学可能

毎週月曜日に入学ができます。初日の1時間目はクラス分けのテストです。

アクティビティ(イベント)はほぼ毎日全ての学校にある

ほとんどの学校にはほぼ毎日イベントがあります。

レッスン時間と流れ

マルタの英語学校のほとんどは、1週間または2週間から申込みができます。
入学は毎週月曜日です。
学校での1週間は、月曜日から金曜日まで5日間で、時間帯はレッスンによって変わってきます。

通常の20レッスン

一番基本のGeneral English(ジェネラルコース)は週20コマ授業です。
1コマは45分で、多くの学校が2コマをセットにしており、90分の授業を行っています。
1時間目 9:00~10:30 (おもに文法中心)
2時間目 11:00~12:30 (おもに会話中心)
[入学日の一時間目は、クラス編成テストで2時間目から授業になります。]

30レッスンを希望の場合

もっと英語を勉強したいひとは、Intensive Englishという週30コマ授業をお薦めします。
このコースは、上記のジェネラルコースに加えて以下の授業が加算されます。
3時間目 13:00~14:30 (主に会話を深く掘り下げた実践授業)
この3時間目は、取っている人が少ないのでこじんまりとした授業ができます。

シーズンについて

マルタの語学学校にはシーズンがあります。
ほとんどの学校がLOWシーズンとHIGHシーズンの2種類ですが、
ミドルシーズンを合わせて3つシーズンがある学校があります。

HIGHシーズンは、6月2週目から9月3週目までとなります。
この時期が一年で一番高い時期になります。
例えば、10週間留学の場合で5週間LOWシーズン、5週間HIGHシーズンだった場合、
価格はLOW5週の価格+HIGH5週の価格となります。

LOWシーズンになると、8週以上とるとディスカウントされる学校などがあります。
詳しくはお問い合わせください。

レッスンの種類

学校には次のようなコースがあります。はじめの2つがほとんどの方が取るコースです。
[ コースは学校によって名前は異なりますが類似してます。]

General English (基本コース)

・20レッスン×45分= 900分 = 15時間 = 1日3時間

Intensive English (インテンシブコース)

・30レッスン×45分= 1350分 = 22時間半 = 1日4時間半

Mini Intensive (ミニインテンシブ)

・クラスの人数が6人以下の少人数クラス

Person to Person (パーソントゥパーソン)

・先生と生徒の一対一のプライベートレッスン。・若干安い生徒2人×先生1人もあります。

Business English (ビジネスコース)

・ビジネスで使用できる英語を学ぶコース。中級以上

Combination (コンビネーション)

・グループレッスンの後、一対一のプライベートレッスン

Club 50+  (クラブ50)

・50歳以上の方を対象にした観光と英語プログラム

Diving and Lesson (レッスン+ダイビング)

・午前中はグループレッスン、午後はPADIのダイビング免許コース

Sailing and Lesson (セーリング+レッスン)

・午前中はグループレッスン、午後はヨットの免許取得コース★以下のコースは開講時期があります。お問い合わせください。

*Exam preparetion (試験コース)

・TOEIC, TOEFL., ケンブリッジ英検, IELTS対策、8週または13週程度

*Academic Year (アカデミックイヤー)

・20週以上滞在希望の方用のプログラム。割引きがされている。・開講時期は1年中の場合や、9月末、1月、4月に開講のものがある。

レベル(クラス分け)について

日本人の多くは、初中級か中級のクラスから

しかし、始めの数回は周りのレベル(会話)に圧倒されると思います。。周りの生徒は文法は駄目だけれど、会話はできる人が多い人がほとんどのためです。そのうえ、始めの週は授業の進め方も慣れない為、ストレスが大変だと思います。個人的な意見としては、高いクラスに位置して無理してついていくよりも、自分のレベルにあったクラスか、それよりも低いクラスでガンガン話して、そのクラスで一番話す人になったほうが、絶対に自分のためになるとおもいます。また、日本人がクラスにあまりにも多かったら、クラスを変えてもらって自分をつらい立場に追い込むのも上達の手段だと思います。学校は生徒の意見をできるだけ聞き入れてくれます。悩んでいないでいろいろと相談してみましょう。彼らは力になってくれるはずです。相談するのも英語の練習になりますよ・・・。このほか、良い学校の条件も参考にしてください。

サイト内検索 powered by Google

航空券/ホテル/ホームステイ

留学に最適な航空券・ホテルのご紹介

旅行・留学保険/医療相談

当社はAIU保険正規代理店です。
怪我や事故時にサポート致します。

お問い合せ

質問、見積もり、依頼などは下記からお気軽にお問い合わせください。

Copy Right maltamalta.com Since 2003